アンカーパック

 工匠座シリーズの「アンカーパック」は、従来のアンカーボルトよりも耐震性に優れたアンカーとして独自開発した構造結合金物です。また、その施工性にも配慮し、施工時のアンカー位置のズレや傾きによる設置不良を防ぎ、誰にでも正確かつ確実に施工できます。

足腰の強い家づくりのために

 いくら建物が頑丈に出来ていても基礎部分と建物がしっかりと緊結していなければ本当の意味で「強い家」といえません。その意味で基礎と建築構造材をつなぐ「アンカー」は非常に重要な部材です。しかし施工面で十分な強度が確保されていないのが現状です。
 工匠座シリーズ「アンカーパック」はこうした問題を解決するために開発した画期的なアンカーボルトです。

 

アンカーパック製品情報

 アンカーパックには、木造用「アンカーパックS」と鉄骨用「アンカーパックW」を揃えました。
 業界初の異型鉄筋を採用し、より強度を高めたものを採用しています。

木造用「アンカーパックS」

製品写真

 

アンカーパックSの特長

  • ・基礎コンクリート埋め込み式で施工が簡単です。
  • ・異型鉄筋を木造用アンカーボルトにしました。(業界初)
  • ・異型鉄筋アンカーは、D13(M12)、D16(M16)、D19(M18)、D22(M22)の4種類をご用意しています。
  • ・長さは施工物件の仕様に合わせ切断(基準L=600~1100)してから出荷します。
  • ・据付位置が正確に決まり、ホールダウン金物や柱脚金物と誤差なく緊結出来ます。
  • ・施工方法の選定が出来ます。(捨てコンクリート上又はベースコンクリート上のどちらかを選定。)
  • ・柱と異型アンカーボルトが直結出来ます。
  • ・ダブルナットで引抜強度が倍増します。

仕様図

 
 

鉄骨用「アンカーパックW」

製品写真

 

アンカーパックWの特長

  • ・基礎コンクリート埋め込み式で施工が簡単です。
  • ・異型鉄筋を鉄骨用アンカーボルトにしました。(業界初)
  • ・異型鉄筋アンカーは、D16(M16)、D19(M18)、D22(M22)の3種類をご用意しています。
  • ・長さは施工物件の仕様に合わせ切断(基準L=600~1100)してから出荷します。
  • ・据付位置が正確に決まり、ホールダウン金物や柱脚金物と誤差なく緊結出来ます。
  • ・施工方法の選定が出来ます。(捨てコンクリート上又はベースコンクリート上のどちらかを選定。)
  • ・マンジュー金物で鉄骨の「立ち」が決められます。
  • ・ダブルナットで引抜強度が倍増します。

仕様図