タフボード

  • 【タフ900】壁倍率は4.5倍!国土交通大臣認定(国住指第2867号、認定番号 FRM-0321)を取得しました。

 

タフボード製品情報

製品仕様

タフ900
寸法 W780~895mm  H2,295~2,895mm  t79~94mm
壁倍率 4.5倍
断熱材 内外面壁から厚35㎜~61㎜まで可能です。(断熱材は本体には含まれていません)
認定

(一財)日本建築総合試験所 試験済

 タフ900 木造軸組耐力壁 面内せん断試験報告書(柱材120mm)PDF

定価
  • タフ979
    • 新築価格 29,000円(税別)
  • タフ994
    • 新築価格 33,000円(税別)
タフ600
寸法 W480~495mm  H2,295~2,895mm  t79~94mm
壁倍率 3.8倍
断熱材 内外面壁から厚35㎜~61㎜まで可能です。(断熱材は本体には含まれていません)
認定
  • 国土交通省「地域木造住宅市場活性化推進事業」認定。
    平成21年10月22日、国住木第131号
  • 国土交通省 (財)建設業振興基金「フロンティア事業」認定。
    平成23年5月31日、基構23-11認定
  •  (一財)日本建築総合試験所 試験済
    タフ600 木造軸組耐力壁 面内せん断試験報告書
定価 新築価格 28,000円(税別)
タフ455
寸法(W) W335~350mm  H2,295~2,895mm  t79~94mm
壁倍率 3.5倍
断熱材 内外面壁から厚35㎜~61㎜まで可能です。(断熱材は本体には含まれていません)
認定
  • 国土交通省「地域木造住宅市場活性化推進事業」認定。
    平成21年10月22日、国住木第131号
  • 国土交通省 (財)建設業振興基金「フロンティア事業」認定。
    平成23年5月31日、基構23-11認定
  •  (一財)日本建築総合試験所 試験済
    タフ455 木造軸組耐力壁 面内せん断試験報告書 
定価 新築価格 23,000円(税別)
 

設計補助

施工仕様

  •  
  • ○施工箇所
  • タフボードは、高倍率ですので、建物の出入隅にバランスよく〝力の配分〟を考慮して配置して下さい。
 
  • ○取付方法について
    • 取付方法は、タフボードを柱・土台・梁間に嵌め込み、たて枠、上枠にN75、下にN90を外周部ピッチ200㎜以内で両面枠に釘止めして下さい。
    • 取り付け位置は、柱内外面間の範囲であれば、どの位置でも取り付けられます。
    • 厚合板(根太レス)工法ですので、厚合板 (28mm以下、±2mm) 上に取り付けて下さい。
    • ▷タフボード施工要領書
    • ホールダウン金物は、タフボードの内側から取り付け、枠材の不足部は27㎜厚枠を部分的に追加して下さい。
    • ▷タフボード ホールダウン金物納まり図
  • ○発注方法について
    発注は、柱・土台・梁間の内寸厚合板(28mm以下、±2mm)の厚みを〝承認図に記入〟し て発注して下さい。但し、WとHは表示数値内で収めて下さい。※クリアランスは弊社で計算します。

  ▷タフボード承認図

  ▷タフボード承認図 記入方法

 

耐力・耐震性の比較

タフボード施工上の注意点

設計時 タフボードの適用範囲寸法は以下の通りです。
タフ900 W780~895 H2,295~2,895 ※H=床厚合板天~梁下の寸法
タフ600 W780~895 H2,295~2,895
タフ455 W780~895 H2,295~2,895
タフボードの厚みは以下の通りです。
柱角105タイプ 79mm
柱角120タイプ 94mm
柱間であればどの位置でも取付可能です。
タフボードは高倍率なので、力の配分を考慮し、出来る限り出入隅にバランス良く配置して下さい。
タフボード設置予定箇所には、なるべくホールダウン金物の設置は避けるよう設計して下さい。設計上、どうしてもその箇所にホールダウン金物が来る場合は、タフボードの厚みを考慮し、相互に干渉しないよう配置して下さい。
階高によっては、柱頭側のホールダウン金物がタフボードの「貫」と干渉する場合があります。
ボルト+プレートが梁下から出る長さを事前にご案内下さい。

 

 

承認図



規定の承認図へ、柱間寸法(W)、土台天~梁下(H+t)、パネル実寸(H)、床合板厚、各必要枚数を記載して下さい。
クリアランスは製造時に見込みますので、承認図には実寸で記載して下さい。
承認図へは記入者の捺印が必要です。承認印がないと受け付けられませんのでご注意下さい。
発注、および承認図の送付は、各代理店へお願いします。
納期は、承認図の内容を当社にて確認後、1週間から10日ほどお見込み下さい。
承認図確定後はすぐに製造に入りますので、間違いのない寸法をご記入下さい。
タフボードは、1枚ごとに別途送料が必要となります。詳しくは代理店までお問い合わせ下さい。




施工時



柱間、土台・梁間にはめ込み、たて枠・上枠に鉄丸くぎN75、下枠にN90をマーキング位置に留付けて下さい。(製造時にマーキングしております)
打ち損じた場合は、マーキング位置の両サイドどちらかに増打ちして下さい。孔(配管等)を開ける場合は100φ以内、1箇所にとどめて下さい。
根太レス工法なので、必ず厚合板(28㎜以下、±2mm)の上に取付けて下さい。土台の上に直接取付することはできません。
駐車場の袖壁など、床の設置できない箇所への取付の場合、切板でよいので厚合板を敷いた上に施工して下さい。
ホールダウン金物は、タフボード枠材の内側から取付け、部材の不足分は27mmの厚みの枠を追加して下さい。
どうしてもホールダウン金物と干渉する場合のみ、タフボードの下枠を干渉部のみ最小限で切欠き、くぎを両端に増打ちし取り付けて下さい。
断熱材の厚みに応じて通気胴縁を厚く調整して下さい。
リフォーム用の場合は部材出荷となります。組立説明書にしたがって取付して下さい。